自動車税の納税通知書に記載される元号は平成?令和?

税金

こんにちは!現在、島根県の松江市に暮している「トシロウ」と申します!

全国で納税通知書が送付されたんじゃないでしょうか?

まだ手元に届いていない方が多くいると思いますが、僕は気になったことがあります。

 

あれ?元号改正があったけど地方自治体が発送する納税通知書には、

『平成』と印刷されるの?それとも『令和』って印刷されるの?

 

 

たしかに。5月1日に新元号へ切り替わったため、行政なんかは特に元号改正に準じて新元号を

使わないといけないとかあるのでしょうか。

ちなみに、当記事では普通自動車(軽自動車じゃないよ)について見ていくこととします。

各都道府県ごとに納税通知書に印刷する元号は何??

納税通知書には課税年度や納期限など元号を表記する箇所が複数存在します。

実際に各都道府県の状況を見てみると、47都道府県のうち18都県が『平成』を使用するとのことです。

『平成』を印刷する都県は改元後も有効とし、読み替えて扱うようアナウンスしたり、

西暦を併記するなど対応をするようです。

各都道府県の和暦表記について

各都道府県の状況は下記のとおりとなります。

多くの都道府県が『令和』で表示するように対応しているんだね。

 

なぜ都道府県によって元号の印字状況が異なるのか

納税通知書のレイアウトや細かなルール等は各都道府県で取り決めることが可能なのです。

全ての都道府県で同一のレイアウトではないのです。(※県税条例等の条例で決められているのです。)

また、元号の印字状況が異なる理由は複数あります。

 

① そもそも、システム対応が間に合わない

→しかし、間に合っている都道府県もあるしどうなんでしょう。
普通自動車の台数が多い少ないに関わらず対応できている県はできているし、できていない県はできていないという状況。
事前の準備やシステムベンダーとの打ち合わせ等で対応は厳しいと判断したのでしょう。
4月1日に元号の発表が遅いという意見もあるが、仮の元号を使用して準備を進め、あとは新元号発表後に文字を置換してあげるだけのような気もします。
※まったくシステムの知識がないのに、気分を害される方がいたらすみません…

 

②システムのバージョンアップ(新システム化)が控えていて、新元号対応のお金がもったいな

→新システム稼働が控えている状況の中、現行システムに対して新元号を表記するカスタマイズを加えるのは
お金の無駄であると考え、仕方なく『平成』と印字するパターンですね。
これは、致し方ないと思いますね…

 

③帳票(用紙)の新規発注が必要であり、事前の印刷テストがスケジュール上不可のため

→これも(2)に近い理由ですね。
用紙の注文で新元号対応の用紙を新たに作ろうとしたときに、元号発表後だとすでに納税通知書発送までに1か月もない状況であるため、印刷テスト等も十分にできずリスクが高いです。
新元号を表記するのと、納税者に正しい数字・文字を印刷した納税通知書を送付するのを天秤にかけた時にどちらが重要かというところですね。
僕は納税者に正しい情報を伝えることが重要と思います。※決して、新元号を軽視しているわけではありませんので悪しからず…

 

マニアックですが、ご自身が暮らす地域で地方自治体から送付される書類等で元号がどうなっているかを見てみると面白いかもですねw

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました