島根スサノオマジックがB1復帰!!なぜ、入替戦は発生しなかった!?

スポーツ

こんにちは!現在、島根県の松江市に暮している「トシロウ」と申します!

島根県では本日非常に大きなニュースがありました。

な、な、なんと!島根県のバスケットボールチームの『島根スサノオマジック』がB1昇格確定しました!

非常にうれしいニュースです。感動をありがとうーー!

しかし、今回僕は気になったというか理解するのに時間がかかったことがあります。

あれ、まだB2のプレーオフの順位が決まっただけじゃね?

これからB1のチームと試合して、勝利したらB1確定するんじゃないっけ?

本来はそうなの。今回は非常に変わった事態となったのよ。

では、今回の島根スサノオマジックのB1昇格が決まった経緯を見ていきましょう。

そもそもプレーオフの仕組みを知ろう

日本のバスケリーグ『B.League』では「B1」、「B2」、「B3」というようなリーグで構成されています。
※サッカーのJ1、J2とかと同じと思ってオッケー

<図:B.Leagueのリーグ強さ順>

今回は「B1」と「B2」に注目します。

B1とB2でそれぞれ年間を通したシーズン結果で順位が決まり、プレーオフへの進出が確定します。

それでは、各リーグにおけるプレーオフについて簡単に説明します。

B1プレーオフについて

B1リーグの中の上位4チームで年間優勝チームを決めます。

これに出場するチームは猛者中の猛者たちです。ここの話はよくニュースになるので割愛しますw

B1残留プレーオフについて

残留プレーオフ?それは何?

 

B1内で下位4チームで争い、B1での最弱チームを決める戦いよ。

厳しいよね。B1にいるだけで凄いことなのに…。

そうなんです!!

B1残留プレーオフは厳しい戦いであり、最悪の場合はB2へ降格してしまうため必死の戦いとなります。

B2プレーオフについて

B2でもB1と同様に上位4チームでの上位決定戦が行われます。

この戦いで勝利を収めたチームがB1への昇格が認められ、来季はB1で試合をすることができるようになります。

 

まとめ

・B1では最強チームを決めるために「年間優勝チーム決定プレーオフ」が行われる

・B1では最弱チームを決めるために「B2入替対象決定プレーオフ(残留プレーオフ)」が行われる

・B2では最強チーム(B2内)を決めるために「年間優勝チーム決定プレーオフ」が行われる。
 これで勝利を収めたチームがB1への切符を手に入れることができる。

 

B1⇔B2の入替戦について

基本的な考え方は下記のようになります。

 ■B1(残留プレーオフ)の参加チームの扱い

 ■B2(昇格プレーオフ)の参加チームの扱い

まとめ

・B1にて最下位と下から2番目のチームは強制降格となります。

・B2の上位2チームは自動昇格となります。

・「入替戦」はB1の下から3番目のチームB2の3位のチームが戦うことになります。
 勝利したチームが来季B1で戦うことになるわけです。

・B1の下から4番目のチームはなんとかB1残留となります。

・B2の4位のチームは来季もB2での戦いとなります。

 

今回、入替戦をする前に島根の昇格が決まった理由は?

 それでは、改めてB2の方に着目していきましょう!

2018-2019シーズンでのB2の上位4チームは下記のとおりです。

 ・信州ブレイブウォリアーズ(自地区1位/三地区間1位)

 ・熊本ヴォルターズ(自地区1位/三地区間2位)

 ・群馬クレインサンダーズ(自地区1位/三地区間3位)

 ・島根スサノオマジック(ワイルドカード上位)

 

 ここでB.Leagueのあるルールがこれらの上位チームを苦しめます。

それは、『Bリーグクラブライセンス』という存在です。

各チームごとにいろいろな基準(財政状況・組織体制・施設基準等)を満たすことで与えられるライセンスです。

「B1ライセンス」「B2ライセンス」が存在しており、各チームはこのライセンスの保持が

B.Leagueで戦う上で必須なのです。

 みなさんすでに察しが付いていると思いますが、B2プレイオフ進出チーム内でB1ライセンスを取得している

のは「熊本ヴォルターズ」と「島根スサノオマジック」のみなのです。

えっ?つまり「信州ブレイブウォリアーズ」と「群馬クレインサンダーズ」は

プレイオフで勝利してもB1へ昇格する資格がないってこと?

そのとおりよ。

つまり、島根vs熊本(3位決定戦)の勝利チームがB1へ自動昇格することになるの。

 

2018-2019シーズンのB2プレーオフは1位:信州、2位:群馬、3位:島根という結果でした。

この結果、『島根スサノオマジック』のみがB1ライセンスを持っているため自動昇格したわけですね。
※4位の熊本はライセンスはありますが、4位だとB2残留なんです。

う~ん、複雑なルールだね~。信州と群馬は実力があるだけもったいない気もします…

 

 まぁ、何はともあれ島根県民としては自分の暮らす地域のクラブチームが勝利し、来季はB1での戦いを

見せてくれることが嬉しい限りです!

GO!GO!Magic!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました